平沢勝栄徹底解剖

平沢勝栄(ひらさわかつえい)1945年9月4日 岐阜県生まれ 衆議院議員 東京大学法学部卒業、警察庁入庁後、米国デューク大学大学院留学(修士課程修了)。在英日本国大使館一等書記官、後藤田正晴内閣官房長官秘書官、警視庁防犯部長、警察庁審議官などをへて退官。1996年初当選以来5期連続当選。 防衛庁長官政務官、総務大臣政務官、自民党法務部会長、衆議院拉致問題特別委員長、内閣府副大臣、衆議院外務委員長、自民党国会対策副委員長、衆議院議院運営委員会理事などを歴任。現総務副会長、現外務委員会理事。

卒業後の進路

1967年から1968年にかけて平沢勝栄氏らは、卒業の進路を考えなければならなかった。

平沢勝栄氏は「役人になろう」と考えていた。もっとも他の学生と同様、平沢も民間企業回りをし、入社試験も受けた。大手商社などいくつかの民間企業に合格したものの、四年生の春、国家公務員上級甲種試験(当時)を受けて合格し、警察庁に入庁することにした。

ちなみに同じクラスの五十人中、官僚への道を選んだのは平沢勝栄氏を含めて林正和(財務事務次官)、荒井正吾(運輸省に入り海上保安庁長官から現在は自民党参院議員)ら六人だった。

広告を非表示にする