読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平沢勝栄徹底解剖

平沢勝栄(ひらさわかつえい)1945年9月4日 岐阜県生まれ 衆議院議員 東京大学法学部卒業、警察庁入庁後、米国デューク大学大学院留学(修士課程修了)。在英日本国大使館一等書記官、後藤田正晴内閣官房長官秘書官、警視庁防犯部長、警察庁審議官などをへて退官。1996年初当選以来5期連続当選。 防衛庁長官政務官、総務大臣政務官、自民党法務部会長、衆議院拉致問題特別委員長、内閣府副大臣、衆議院外務委員長、自民党国会対策副委員長、衆議院議院運営委員会理事などを歴任。現総務副会長、現外務委員会理事。

メリーランド州で結婚式

1972(昭和四十七)年6月3日、平沢勝栄氏は、丸茂あや子とワシントンDCの隣り、メリーランド州の教会で結婚式を挙げた。花嫁の父親役は、警察庁で平沢勝栄氏の十一年先輩であり、当時、在アメリカ日本大使館の一等書記官としてワシントンに駐在していた新田勇(元大阪府警本部長、元スリランカ大使、東芝顧問)が務めてくれた。

丸茂あや子と知り合ったのはアメリカ留学直前の1970年のことだった。

当時、平沢勝栄氏は英語力を磨くため「ジャパン・タイムズ」紙上で知った個人レッスンの教室(東京・練馬区)に通っていた。教師はトム・ジェンセンというアメリカ人で、あや子もそこの生徒だった。

あや子は1945年6月生まれ、平沢勝栄氏より三ヶ月年上である。東京・板橋区出身で、聖心女子大学を卒業した後、平沢勝栄氏と知り合った頃は、腎臓病で入退院を繰り返していた母親の看病に専念していた。

平沢勝栄氏はアメリカに出発する前に、あや子に、「せっかくの機会だから一緒にアメリカに行かないか」と誘った。平沢流のプロポーズである。しかし、あや子には母親の看病という大事な仕事があったため、一緒に行けるわけはなかった。

その後、1971年9月、看病のかいなく、あや子の母親は亡くなった。

傷心のあや子が、平沢勝栄氏のもとに向かったのは、それから三ヶ月がたった12月の暮れだった。