平沢勝栄徹底解剖

平沢勝栄(ひらさわかつえい)1945年9月4日 岐阜県生まれ 衆議院議員 東京大学法学部卒業、警察庁入庁後、米国デューク大学大学院留学(修士課程修了)。在英日本国大使館一等書記官、後藤田正晴内閣官房長官秘書官、警視庁防犯部長、警察庁審議官などをへて退官。1996年初当選以来5期連続当選。 防衛庁長官政務官、総務大臣政務官、自民党法務部会長、衆議院拉致問題特別委員長、内閣府副大臣、衆議院外務委員長、自民党国会対策副委員長、衆議院議院運営委員会理事などを歴任。現総務副会長、現外務委員会理事。

再開

二本松中学校時代の同級生で、当時二本松市総務部長を務めていた斎藤隆氏は、平沢が国会議員になったことを知らなかった。

1996年暮れ、陳情で衆院第一議員会館を回った時、たまたま平沢の部屋の前を通った。

ドアの表示を見て「平沢勝栄?もしや中学校の同級生の平沢君では」と思い、ドアを開けて確認したところ間違いないことが分かった。ちょうど平沢勝栄氏も部屋にいて思いがけない再会となった。

広告を非表示にする