読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平沢勝栄徹底解剖

平沢勝栄(ひらさわかつえい)1945年9月4日 岐阜県生まれ 衆議院議員 東京大学法学部卒業、警察庁入庁後、米国デューク大学大学院留学(修士課程修了)。在英日本国大使館一等書記官、後藤田正晴内閣官房長官秘書官、警視庁防犯部長、警察庁審議官などをへて退官。1996年初当選以来5期連続当選。 防衛庁長官政務官、総務大臣政務官、自民党法務部会長、衆議院拉致問題特別委員長、内閣府副大臣、衆議院外務委員長、自民党国会対策副委員長、衆議院議院運営委員会理事などを歴任。現総務副会長、現外務委員会理事。

難しい皇室警備

皇宮警察平沢勝栄氏が感じたことは皇宮警察の難しさだった。

天皇・皇后両陛下や皇太子ご夫妻がお出かけになる場合、ご両車の前後には護衛者が一杯つき、訪問先も警備陣だらけになってしまう。

これに対して当時の皇太子ご夫妻は、イギリスをはじめとしたヨーロッパの王室のように、できるだけ国民との間に垣根を作らないで、じかに接したいというご希望をお持ちのようだった。そばに仕えていて平沢にもそのお気持ちが痛いほど分かった。しかし、その兼ね合いが難しいところだ。

広告を非表示にする